小児歯科

フッ素について 根管治療/解説

乳歯が萌えてきたら

乳幼児期は食習慣、生活習慣がつくられはじめます。ムシ歯を防ぐ食生活を習慣づけて、乳歯列でのカリエスフリー(ムシ歯ゼロ)を目指しましょう。

虫歯かなと思ったら

早期発見、早期予防が大切です。そのために早めに歯科医師にチェックしてもらいましょう。 ムシ歯は進行具合いによって治療が違ってきますし、初期のムシ歯であれば、予防だけで十分な場合があります。

a. 脱灰

写真:脱灰
歯の表面の硬い組織が一部溶かされて、もろい状態になっています。
フッ素を利用し、歯の強化、再石灰化を進めるようにします。

b. 着色

写真:着色
歯の表面がもろくなった部分のムシ歯がごくわずかに進行すると色がついてきます。穴があいていないようであればフッ素を使用しながら様子を見ます。

c. 穴があいている場合

穴があいている場合灰
ムシ歯の部分が小さく、痛みがない時は進行止めの薬を塗ることがあります。(塗ることによって、ムシ歯の部分が黒くなります。)
お子さんが治療ができるようになったら、ムシ歯の部分を削り、歯の色と同じつめ物で治します。
写真:痛みが出てしまったら
痛みが出てしまったら、ムシ歯が神経まで進行していると考えられます。しっかり神経の処置をして将来、萌えてくる永久歯に影響が出ないようにします。

歯医者さんはこわい所?

写真:歯ブラシをもった女の子
「歯医者さんに行くのがはじめて。病院も嫌がるから上手に治療できるかな。」というお子さんも定期健診になると「歯医者さんでピカピカにしてもらうのが楽しみ」になるようです。治療が必要で始めてのお子さんは歯医者さんのイスに座るところから練習をします。徐々にできるようになり、「お母さんがいなくても大丈夫」になります。どうしても泣いて暴れてしまうお子さんも安全に治療します。