歯列矯正

美しい口元へ

口元の美しさを表す基準として、エステティックライン(E-Line)があります。
顔を横から見て、鼻の先端とあごの先端を結んだラインをEラインと呼び、日本人の場合は、上下の口唇がこのEライン上、あるいは若干内側に位置する状態が、美しい口元とされています。
骨格的な要因もあり、必ずしも矯正治療のみで改善されるわけではありませんが、歯並びを治すことで、唇を理想的な位置に近づけ、自然で素敵な笑顔をつくることができます。

ニコッと笑顔が素敵な人には魅力を感じますよね。
では、その魅力的な笑顔とは実際どういうものなのでしょう。
日本臨床矯正歯科医会による歯並びに関する意識調査(10代~50代の男女計1,000名対象)の結果からも、歯並びが笑顔や第一印象に大きく影響を与えていることがうかがえます。
笑顔と歯の見え方に関しては78.2%が「歯を見せた笑顔」の方が素敵な笑顔だと回答し、
より魅力を感じるのは、「整った顔立ち」よりも「素敵な笑顔」(68.1%)という結果が出ました。
また、歯並びで第一印象が左右されると回答した人は72.6%。歯並びが美しい人から受ける印象では、「清潔感がある、健康的、上品、育ちが良い」などが上位に挙げられています。

このように多くの人が歯並びを気にしており、「自分の歯並びを気にしたことがある」と回答した人は66.5%に上りました。
しかし、歯並びについて歯科医への相談経験がある人はわずか24.8%です。
美しい歯並びは健康的であると共に笑顔をより引き立てます。
お気軽に矯正治療についてご相談ください。

歯列矯正

歯並びや噛み合わせの異常は、遺伝だけでなく生活習慣、指しゃぶりなどの習癖、食習慣によって起こると言われています。現代の食生活は軟食傾向にあり、顎の発育が悪くなってきました。
そのため、永久歯の生えるスペースが少なくなり、口もとや顔のラインがくずれるだけでなく、むし歯や歯周病を引き起こしてしまいます。
健康増進とフェイシャルエステとしてきれいな歯並びと美しい笑顔を皆様にご提供いたします。

歯ならびが悪いとなぜいけないの?

  1. むし歯や歯槽膿漏になりやすい
    歯ブラシが当たりずらく、磨き残しが多くなるためです。
  2. うまく噛めない
    食事を噛まないので、丸飲みする癖がついてしまい、胃や腸にかなりの負担がかかります。歯並びが悪く、うまく噛めないので、正常な人に比較して噛む回数が少なくなり、知能や運動機能に影響がでてきます。
  3. 口元に自信がもてない
    コンプレックスからストレスがたまり、歯ぎしり、肩こり、姿勢が悪くなったりします。
  4. 顎の成長や顔かたちにも影響する
    正しい噛み合わせができないと、顎の骨や顔の筋肉に影響を及ぼし、顎が歪んだり、顔が左右非対称になったりします。
  5. 発音が悪い
    噛み合わせの状態によって、いろいろな発音障害がでてきます。特に英語の発音が難しくなります。
  6. 顎関節症になりやすい
    音が鳴る、痛みを感じる、口があきにくくなる等の症状があります。