2014年 明けましておめでとうございます!

本年は、午年です。午年といっても、いくつかの種類があるようです。昭和から平成生まれを追ってみると、昭和5年と平成2年・庚午(かのえうま)、昭和17 年と平成14 年・壬午(みずのえうま)、昭和29年・甲午(きのえうま)、昭和41年・丙午(ひのえうま)、昭和53年・戊午(つちのえうま)、なかでも丙午(ひのえうま)が有名でしょう。丙午生まれの女性は気性が激しく夫の命を縮めるという江戸時代の「迷信」があり、女性の結婚や出産に関する問題に変化して広まってしまったようです。この影響は、昭和になっても強く、昭和41年の出生率は前年に比べて25%も下がったとのことでした。
さて、今回は、新春にあたって、日本語のお勉強をしてみましょう。
(出典は、ANAAZURE冬号、本郷陽二監修の正しい日本語・速習講座から。)
10 問を厳選してみました。
皆様、まずは、何問できるかやってみて、下記の正解を見て採点してみてください。

■問題
次の太字部分は日本語として間違った表現です。正しく直しなさい。
(1)こぼれんばかりの愛想をふりまく。
(2)仕事が煮詰まってイライラした。
(3)私では役不足ですが、司会の大役を務めさせ ていただきます。
(4)寸暇を惜しまず仕事をする。
(5)バーゲン会場は、上へ下への大騒ぎだ。
(6)今度こそ雪辱を晴らそうと意気込む。
(7)彼に頼みごとをしようにも、取りつく暇もない。
(8)商売をおざなりにしたので店が傾いた。
(9)その歓迎会は、いやが応にも盛り上がった。
(10)組織の秘密が明るみになる。

■解答
(1)愛嬌→「愛想がいい」といいます。ふりまくのは「愛嬌」。にこやかでかわいらしいこと。
(2)行き詰まって→「煮詰まる」は、十分な議論の後、結論が出る状態になったこと。
(3)力不足→役目が軽すぎる場合に「役不足」となる。
(4)寸暇を惜しんで→わずかな暇も大切にして打ち込むということです。
(5)上を下への→上にあるべきものを下へ、下へあるべきものを上に入れ替えてしまうほどの混乱状態。
(6)雪辱を果たそう→屈辱を晴らす、と混同しないようにしましょう。
(7)取りつく島もない→「島」は、頼りになるものという意味。
(8)なおざり→「おざなり」は、その場逃れの言動やいい加減なこと。「なおざり」は、おろそかにして放っておいたこと。
(9)いやが上にも→「否が応でも」好むと好まざるに関わらず、と混同しがち。
(10)明るみに出る→隠されていた事実が明るい場所に出て知られるようになること。

これ以上お勉強したい方は、『日本人が「9割間違える」日本語』(PHP文庫)をご覧ください。言葉をまつがえないように、おっと、間違った。私も買いました。
いよいよ冬に突入!雪もたくさん降るかも知れません。それでも、ぜひ、定期的なお口のクリーニングにお越しください。冬の健康支援プロジェクトを企画して、皆様のご来院をお待ちしております。

情報発信

歯科や日々のことについて、情報発信しています。

INFORMATION

佐藤院長のリーダーズ・オピニオン

佐藤院長の
リーダーズ・オピニオン

院長:佐藤 暢也の考えていることのブログです。

ブログへ移動する
Y.Iwanami&Dr'sブログ

Y.Iwanami
&Dr'sブログ

副院長:岩波 洋一の診療に関するブログです。

ブログへ移動する
スタッフのふれあい日誌

スタッフの
ふれあい日誌

スタッフの日常を発信いたします。

ブログへ移動する
デジタル版未来健康通信

デジタル版
未来健康通信

皆様の健康に役立つ情報を配信いたします。

ブログへ移動する
港町歯科クリニックFacebookページはこちら 顕微鏡歯内療法研究会Facebookページはこちら
インプラント・根管治療のガイドブックを無料贈呈中です。

インプラントと根管治療のガイドブックを
無料贈呈中です。

真剣に自分の歯について悩んでいる方のよい指針となるよう、2冊の解説書を執筆いたしました。

実際にやってよかったと思える治療を選択できるよう無料贈呈しております。

ご自身の選択のためにぜひお読みください。

ガイドブックのお申し込みはこちらから

納得できる治療をご提案いたします

秋田市 歯医者 - 港町歯科クリニック - 土崎駅近く

〒011-0946 秋田市土崎港中央3-5-40

土崎郵便局向かい・国道7号線のすぐ近く
駐車場20台可

ご予約・歯の健康相談・資料請求はこちら

018-857-1040