タバコの健康被害を防止するために

 日本国内では、徐々に施設の禁煙態勢が進展してきたように感じる。例えば、羽田空港では、以前に設置されていた喫煙エリアが完全なガラス張りの個室化となった。(私の受動喫煙に関する知識では、あの箱の中に入る勇気がない。)都内の一流ホテルも、レストランでの禁煙化が多くなってきた。たしか「タバコで他殺、タバコで自殺」という本があったが、今問題となっているアスベストによる健康被害より本当はタバコによる健康被害の方がはるかに多いはずである。
 それに比べると、健康増進法25条により、全面禁煙もしくは排気装置による完全分煙が義務づけられているにもかかわらず、いまだに、秋田では、飲食店での分煙すら行われていないことが多い。タバコの吸っている人がいないエリアに席を取って食事をしていると、あとから入ってきた人が平然とタバコを吸い出すとムッとしてしまう。どなたか、秋田県内の完全分煙化している気持ちの良い飲食店リストを創ってくれないものかと思う。温泉旅館にしても、こちらがタバコを吸わないのに灰皿を部屋に備え付けて置くことがサービスと勘違いしているようだ。むしろ、灰皿を置いてあるだけで不快なのだが・・・。
 「タバコ規制枠組み条約」により、7月出荷分のタバコには健康への健康被害に関する警告を表裏に3割以上表示することが義務化された。「喫煙は、あなたにとって肺がんの原因のひとつとなります。」と直接的な表現になったのだが、果たして、効果のほどはいかがか?それよりも、タバコの値上げがより効果的であろう。日本のタバコの価格は、先進国の中で格段に安い。
  日本 マイルドセブン 270円(内税金171円)
  ドイツ  ハーベ   527円
  フランス ゴロワース 621円(内税金 499円)
  アメリカ マールボロ 736円
  イギリス ベンソン&ヘッジス 982円(内税金758円)
 英仏は、健康対策として政府が増税したという。日本医師会によると「大幅な増税により価格を2倍にすれば、喫煙者は2〜3割減り、税収が増える」と提言している。しかし、財務省幹部の天下り先がJTであるため、なかなかそう簡単にいかないのが、いかにも日本らしい。私にとっては、どんな手段をしてでも、少しでも喫煙者が減ってくれることがうれしいのだが・・・。

情報発信

歯科や日々のことについて、情報発信しています。

INFORMATION

佐藤院長のリーダーズ・オピニオン

佐藤院長の
リーダーズ・オピニオン

院長:佐藤 暢也の考えていることのブログです。

ブログへ移動する
Y.Iwanami&Dr'sブログ

Y.Iwanami
&Dr'sブログ

副院長:岩波 洋一の診療に関するブログです。

ブログへ移動する
スタッフのふれあい日誌

スタッフの
ふれあい日誌

スタッフの日常を発信いたします。

ブログへ移動する
デジタル版未来健康通信

デジタル版
未来健康通信

皆様の健康に役立つ情報を配信いたします。

ブログへ移動する
港町歯科クリニックFacebookページはこちら 顕微鏡歯内療法研究会Facebookページはこちら
インプラント・根管治療のガイドブックを無料贈呈中です。

インプラントと根管治療のガイドブックを
無料贈呈中です。

真剣に自分の歯について悩んでいる方のよい指針となるよう、2冊の解説書を執筆いたしました。

実際にやってよかったと思える治療を選択できるよう無料贈呈しております。

ご自身の選択のためにぜひお読みください。

ガイドブックのお申し込みはこちらから

納得できる治療をご提案いたします

秋田市 歯医者 - 港町歯科クリニック - 土崎駅近く

〒011-0946 秋田市土崎港中央3-5-40

土崎郵便局向かい・国道7号線のすぐ近く
駐車場20台可

ご予約・歯の健康相談・資料請求はこちら

018-857-1040