恩師を偲ぶ

 その昔、歯科治療は、歯が痛むなら抜いてしまうという時代に、そんなことで はなく、何とかして歯を抜かないで残すことができないかと思案し、歯の根の 治療を行い、その治療学(歯内治療学)が研究された。欧米でのそうした最先端だった治療を日本に導入し、歯の根(根管)の治療学を歯科界に普及させる努力をした歯科医師がいた。歯科界のプロジェクトXに匹敵する事業である。
それが、私の恩師である大谷満先生であった。
 先日、その恩師を偲ぶ会が東京で行われた。私は、司会の大役を担い、式の次第に沿って粛々と役目を全うしてきた。
たくさんの方から恩師を偲ぶお話しを聞いた。それは、恩師の業績や功労であり、また、思想や治療学の体系など多岐に渡るものであった。それはそれはすばらしい内容である。
しかし、ただそれだけなのだろうか?私は、違和感を覚えた。恩師が残してく
れた本当のものは何か?
 ぶれることなく歯内療法という学問と臨床に取り組み、まさに「一を以て之
を貫く」人生でした。志を持って苦難を乗り越え、人生を過ごしたという事
実。学問でも思想でも事業でもなく、実は、恩師の人生そのものこそが、世の
人々に残した「後世への最大遺物」なのだと思う。恩師の勇ましい高尚なる生
涯こそが、私たちへの完全なる遺物である。
 時代は、変遷した。歯を抜く治療から歯を残す治療へと定着し、私たちは、
さらに、次の次元へと向かっている。それは、予防でありヘルスプロモーショ
ン(健康増進)である。こうした時代となっても、恩師の人生への態度は、私
たちに勇気を与えてくれる。
私たちも、たとえ形あるものは何も残せなくとも、眼難に打ち勝ったり、品性
の修養をしたりと、恩師の人生に学び、日々過ごせるならば、価値のある生涯
となり得るものと確信する次第である。
 慎んで、恩師 大谷 満先生のご冥福をお祈りいたします。

※参考文献:後世最大への遺物、内村鑑三著、岩波文庫、青119-4

情報発信

歯科や日々のことについて、情報発信しています。

INFORMATION

佐藤院長のリーダーズ・オピニオン

佐藤院長の
リーダーズ・オピニオン

院長:佐藤 暢也の考えていることのブログです。

ブログへ移動する
Y.Iwanami&Dr'sブログ

Y.Iwanami
&Dr'sブログ

副院長:岩波 洋一の診療に関するブログです。

ブログへ移動する
スタッフのふれあい日誌

スタッフの
ふれあい日誌

スタッフの日常を発信いたします。

ブログへ移動する
デジタル版未来健康通信

デジタル版
未来健康通信

皆様の健康に役立つ情報を配信いたします。

ブログへ移動する
港町歯科クリニックFacebookページはこちら 顕微鏡歯内療法研究会Facebookページはこちら
インプラント・根管治療のガイドブックを無料贈呈中です。

インプラントと根管治療のガイドブックを
無料贈呈中です。

真剣に自分の歯について悩んでいる方のよい指針となるよう、2冊の解説書を執筆いたしました。

実際にやってよかったと思える治療を選択できるよう無料贈呈しております。

ご自身の選択のためにぜひお読みください。

ガイドブックのお申し込みはこちらから

納得できる治療をご提案いたします

秋田市 歯医者 - 港町歯科クリニック - 土崎駅近く

〒011-0946 秋田市土崎港中央3-5-40

土崎郵便局向かい・国道7号線のすぐ近く
駐車場20台可

ご予約・歯の健康相談・資料請求はこちら

018-857-1040