Tek(仮歯)を作製、装着するということ

 現在、患者さんの中には最終的な冠せ物が入るまでの間、仮歯を入れられる方がいると思います。冠せ物が入るまで、短い方だと一週間、長い方だと数ヶ月の間、日常生活を仮歯を入れて生活していただくことになります。仮歯のことを専門用語では、Tek(テック)と呼びます。仮歯を入れる理由として次のことがあげられます。(1)審美的改善(見た目)(2)咬合の回復(咬めるようにする)(3)歯のてい出、傾斜の防止(隣りに歯がないと移動するため、それを防ぐ)(4)シミュレーションなど・・・。そういったことを念頭に置いて、微調整しながら、ユニットサイドで、仮歯を作っていきます。以前アシストについた患者さんで、上の前歯一本、仮歯が入っている方がいました。よく見ると、そこだけ一本が妙に飛び出しており、形もいびつだったため、修正させてもらったことがありました。その後、患者さんに鏡で確認していただくと、「いくら仮歯だとはいえ、出っ歯になっていて人前で口を開けられないし、すごいストレスで我慢の限界だった。直してくれてありがとう。」と言われました。私はその時、複雑な気持ちになりました。本来、仮歯を入れ、審美的な改善をするはずが、逆に不快感を与えてしまっていたのです。今後、このようなことがないように、技術的なレベルアップも必要ですし、その前に仮歯は何の為に入れる物なのかを考えて作製、装着することが大切であると感じました。(Y)

情報発信

歯科や日々のことについて、情報発信しています。

INFORMATION

佐藤院長のリーダーズ・オピニオン

佐藤院長の
リーダーズ・オピニオン

院長:佐藤 暢也の考えていることのブログです。

ブログへ移動する
Y.Iwanami&Dr'sブログ

Y.Iwanami
&Dr'sブログ

副院長:岩波 洋一の診療に関するブログです。

ブログへ移動する
スタッフのふれあい日誌

スタッフの
ふれあい日誌

港町歯科スタッフの日常を発信いたします。

ブログへ移動する
港町歯科クリニックFacebookページはこちら 顕微鏡歯内療法研究会Facebookページはこちら
インプラント・根管治療のガイドブック

院長執筆書籍のご紹介
「インプラントと根管治療のガイドブック」

真剣に自分の歯について悩んでいる方のよい指針となるよう、2冊の解説書を執筆いたしました。

実際にやってよかったと思える治療を選択できるような考え方が記載されております。

ご自身の選択のためにぜひお読みください。

希望者はこちらから

納得できる治療をご提案いたします

秋田市 歯医者 - 港町歯科クリニック - 土崎駅近く

〒011-0946 秋田市土崎港中央3-5-40

土崎郵便局向かい・国道7号線のすぐ近く
駐車場20台可

ご予約・歯の健康相談・資料請求はこちら

018-857-1040