恩師に捧ぐ

 2007年となりました。
新春にもかかわらず、私は、どうしても今回、ここに書き残しておきたいことがあります。それは、昨年の11月のことでした。その人は、何の前ぶれもなく、突然、逝ってしまいました。訃報の一報を受けたとき、その話は現実なのか?にわかに信じがたいことでした。折しも、海外にいたため、日程を切り上げ、あわただしく帰国し、先生の自宅を訪れると、そこには、まぎれもなく、先生のご遺体が横たわていました。これから、今度こそ、高校の同級生たちと皆で、集まって飲もう、と話していた矢先のことでした。そして、手もとには、どういうわけか、ここ10年間も会ってなかったのに、無性に会いたくなって、8月のある日曜日に、これから行っていいかと、平鹿の自宅に電話して、たまたま在宅だったので、うまいぐあいに会えたときの、破顔一笑の先生との記念写真が一枚。
 先生は、私の高校3年生のときだけ1年間の担任でした。でも、不思議なことに、3年間、何の教科も習ったことがなかったのです。しかし、私は、恩師と敬愛しておりました。そう思うのは、何故なのだろうか?時に自問していたものです。それは、きっと、人間としてのスケールの大きさやおおらかさといったものに、憧れをいだいていたためだと思うのです。
 そして、先生は、私たちに何を遺してくれたのでしょうか?いったい先生の人生は、何のためのものだったのだろうか?と悩んでしまいました。何日も、思いめぐらせました。そうして突き詰めて考えてみると、私たちに教育をしてくれたという無形の財産もありますが、何より、先生の生き方そのものが、私たちに遺してくれた贈りものである。教育者として、たくさんの若者を育ててきたという実績は、無論、すばらしいことですが、それ以上に、先生が私たちの世代の者たちに遺してくれた最大の遺物は何かと言えば、それは他ならぬ先生の勇ましい高尚なる生涯であろう、と思うのです。
 先生のご遺体にお会いしたとき、もう、そこに先生は、いませんでした。きっと、先生は、「千の風」となって、いつまでも、あの大きな空を吹きわたって、私たちが必要とするときに、そばにいてくれるのだろう。そして、私の記憶が消え去るまで、私の心にいてもらうんだ、と思っているのです。その思いを、こうして2007年の冒頭に、恩師に捧げたいと思います。

情報発信

歯科や日々のことについて、情報発信しています。

INFORMATION

佐藤院長のリーダーズ・オピニオン

佐藤院長の
リーダーズ・オピニオン

院長:佐藤 暢也の考えていることのブログです。

ブログへ移動する
Y.Iwanami&Dr'sブログ

Y.Iwanami
&Dr'sブログ

副院長:岩波 洋一の診療に関するブログです。

ブログへ移動する
スタッフのふれあい日誌

スタッフの
ふれあい日誌

スタッフの日常を発信いたします。

ブログへ移動する
デジタル版未来健康通信

デジタル版
未来健康通信

皆様の健康に役立つ情報を配信いたします。

ブログへ移動する
港町歯科クリニックFacebookページはこちら 顕微鏡歯内療法研究会Facebookページはこちら
インプラント・根管治療のガイドブックを無料贈呈中です。

インプラントと根管治療のガイドブックを
無料贈呈中です。

真剣に自分の歯について悩んでいる方のよい指針となるよう、2冊の解説書を執筆いたしました。

実際にやってよかったと思える治療を選択できるよう無料贈呈しております。

ご自身の選択のためにぜひお読みください。

ガイドブックのお申し込みはこちらから

納得できる治療をご提案いたします

秋田市 歯医者 - 港町歯科クリニック - 土崎駅近く

〒011-0946 秋田市土崎港中央3-5-40

土崎郵便局向かい・国道7号線のすぐ近く
駐車場20台可

ご予約・歯の健康相談・資料請求はこちら

018-857-1040