2月12日 冬季わか杉国体の観戦報告

 たざわこスキー場でアルペンスキー競技の観戦に行ってきた。とくに、この日は、当診療所で応援している滝下樹理選手が成年女子B組に出場しました。国体の競技種目は、大回転。斜面をぬうように立てられた旗門の間を通過し、ゴールまでのタイムを競う。しかも、国内外のスキー連盟公認大会は、2本滑った合計タイムで競うが、国体は、1本だけの一発勝負。有力選手でも、果敢に攻めた結果、転倒やコースアウトで途中棄権(タイムなし)ということもよくある競技なのです。
 前日、成年男子A組で4位、それでも、良い成績なのですが、選手の実力からすると残念な結果となり、しかし、成年女子A組では、優勝と3位を得て、意気上がっている秋田県チームでした。たざわ湖スキー場は、わか杉国体のために数年にわたり夏の間にコースの一部修正をしたり、リフトをより便利な位置に移設したり、大変な努力をしてきていた。国体コースも、この暖冬にもかかわらず、驚くような完璧なコースが造られていました。
 いよいよ成年女子B組が開始。スタートから中間付近まで、少し吹雪いており、ゴールから見える急斜面は、視界良好でした。アルペン競技は、いつ見ても、ハラハラドキドキです。ものすごい高速(時速50〜70キロ)での滑走、一瞬のミスが、大きく順位を下げてしまい、100分の1秒で勝負の明暗をわけることもあるのです。
 そして、滝下選手は、見事、無事にゴール。その時点で2位。その後、ノーミスのすばらしい滑りをした福島の選手がトップに立ち、そのまま優勝。滝下選手は、3位に入りました。さらに、4位にも秋田県の高橋育美選手が入賞。また、少年女子組でも、4位と、着実にポイントを重ねたのでした。
 次の日、少年男子組でも、優勝者が出て、最終的には見事、秋田県史上初の天皇杯を獲得したのでした。アルペン部門は、ここ数年の海外でのトレーニングなどの強化策も実を結んだと言えるでしょう。
 滝下選手は、もともと出身が北海道です。その後、東京の大学を経て、秋田県に招かれて来たわけですが、毎年、国体の点数獲得に貢献しました。そればかりか、秋田県の若い選手たちの育成にも、多大な働きをしてきました。彼女にとって、実は、この国体が、2年前のケガの影響のため、状況次第で選手生命を賭けてのレースだと言うことを、私は知っていました。目前を滑り降りる姿は、感動でした。そして、秋田県民に感動をありがとう!樹理さん、ご苦労様でした。

情報発信

歯科や日々のことについて、情報発信しています。

INFORMATION

佐藤院長のリーダーズ・オピニオン

佐藤院長の
リーダーズ・オピニオン

院長:佐藤 暢也の考えていることのブログです。

ブログへ移動する
Y.Iwanami&Dr'sブログ

Y.Iwanami
&Dr'sブログ

副院長:岩波 洋一の診療に関するブログです。

ブログへ移動する
スタッフのふれあい日誌

スタッフの
ふれあい日誌

スタッフの日常を発信いたします。

ブログへ移動する
デジタル版未来健康通信

デジタル版
未来健康通信

皆様の健康に役立つ情報を配信いたします。

ブログへ移動する
港町歯科クリニックFacebookページはこちら 顕微鏡歯内療法研究会Facebookページはこちら
インプラント・根管治療のガイドブックを無料贈呈中です。

インプラントと根管治療のガイドブックを
無料贈呈中です。

真剣に自分の歯について悩んでいる方のよい指針となるよう、2冊の解説書を執筆いたしました。

実際にやってよかったと思える治療を選択できるよう無料贈呈しております。

ご自身の選択のためにぜひお読みください。

ガイドブックのお申し込みはこちらから

納得できる治療をご提案いたします

秋田市 歯医者 - 港町歯科クリニック - 土崎駅近く

〒011-0946 秋田市土崎港中央3-5-40

土崎郵便局向かい・国道7号線のすぐ近く
駐車場20台可

ご予約・歯の健康相談・資料請求はこちら

018-857-1040