私の子育て日記

 ここ最近、何でも自分が1番最初でなくては気が済まない、5才の息子です。外出する時、玄関を出るのは自分が1番先、車に乗るのも自分から、お風呂や他の部屋に入る時も自分が一番最初でなくてはいけません。間違って私が先になってしまった時は、それはもう大変で「ママンずるい!もう1回やって!!」と私を元の位置に戻し、もう1回やり直し。やり直してまで、自分が1番に玄関を出たいのか…理解に苦しみますが、彼なりのこだわりがあるのでしょうか?それともう1つ、何かをみんなで食べている時、最後の1コは、絶対に自分が食べなくては気が済まない様子。最近では食べ始めるのと同時に「最後の1個は僕が食べるからね」と宣言しています。この間、2人でラムネ(お菓子)を食べていた時のこと、ふと見ると残り2コになっていました。どうするのかな?と彼をみていると、何気なく1コを口の中に入れた後、残った最後の1コに気づいたようでした。すると、口の中に入れたラムネを出し「あぁ間違った!こっちママンのだった!」とあせったように言い、その半分位溶けたラムネを私にくれ、自分は残っていた最後の1コを満足そうに食べていました。えぇ!?口から出してまで!?何なのでしょう、このこだわりよう…。けれど、残り全部食べてもいいのに、1コを私に分けてくれた、彼なりの優しさなのだろう、といい方に受け取ることにしました。そんな彼が最近夢中なのがへびごっこ、「何それ?」と聞くと「僕へびだから、頭でも背中でも、どこでも触っていいんだよ-!]とのこと。意味不明ですが、床にニョロニョロとはいつくばっている彼をみると、ちょっと癒されます。(N,I)

情報発信

歯科や日々のことについて、情報発信しています。

INFORMATION

佐藤院長のリーダーズ・オピニオン

佐藤院長の
リーダーズ・オピニオン

院長:佐藤 暢也の考えていることのブログです。

ブログへ移動する
Y.Iwanami&Dr'sブログ

Y.Iwanami
&Dr'sブログ

副院長:岩波 洋一の診療に関するブログです。

ブログへ移動する
スタッフのふれあい日誌

スタッフの
ふれあい日誌

港町歯科スタッフの日常を発信いたします。

ブログへ移動する
港町歯科クリニックFacebookページはこちら 顕微鏡歯内療法研究会Facebookページはこちら
インプラント・根管治療のガイドブック

院長執筆書籍のご紹介
「インプラントと根管治療のガイドブック」

真剣に自分の歯について悩んでいる方のよい指針となるよう、2冊の解説書を執筆いたしました。

実際にやってよかったと思える治療を選択できるような考え方が記載されております。

ご自身の選択のためにぜひお読みください。

希望者はこちらから

納得できる治療をご提案いたします

秋田市 歯医者 - 港町歯科クリニック - 土崎駅近く

〒011-0946 秋田市土崎港中央3-5-40

土崎郵便局向かい・国道7号線のすぐ近く
駐車場20台可

ご予約・歯の健康相談・資料請求はこちら

018-857-1040