大震災!日本国非常事態

まさに、激震が走った。
平成23年3月11日午後2時46分、当クリニックも、満員の患者さんがいる最中に、揺れに揺れた。スタッフと協力し、どうにか無事に患者さんにお帰りいただくことができた。
ところが、これは、東日本の大いなる悲劇の幕開けだった。地震発生からわずか1時間もたたずに大津波が襲ってきた。
岩手・宮城・福島を主体に太平洋湾岸の町は、濁流に呑まれていた。山では、土砂崩れにより住宅が埋まった。原子力発電所が停止し、危険な状態に陥っている。
幸い秋田は、どこよりも最小限の被害で済んでいるようだが、親類や友人が県外の被災地にいる方もおり、連絡が取れないとなると心労がかさむ。
それでも、秋田にいるおかげで電気は通じ、暖を取って温かい物を食べられるのは、最大の幸運である。
?
■ 現実なのか?
ようやく停電から復旧して、テレビの情報にすがってみると、それは、「これが本当に日本で起きていることなのか?」と頭の中が真っ白になった。
ジャワ・スマトラ島での津波被害のリプレイではないのか?と疑ってしまう。
人々は、逃げることができたのだろうか?手を合わせて祈るほかない。
マグニチュード9.0とは、阪神淡路大震災が1000発生じる規模の大きさだったという。
そして、土崎港は、海に面している。もし、あの津波がここに来ていたとしたら、私たちは、どういう行動をすることができたのだろうか?
患者さんを安全に避難させることができたのだろうか?
そう考えると身が震えてくる。
?
■ 私たちは何をしたらいいのだろうか?
一つの答えは、「生きる」ということだろう。
この地震からの復興のために、目に見えないミクロの作用しかできないかも知れないが、誰もが「生きる」ことで世の中に貢献できる。
未曾有の日本の危機である。絶対に、誰であっても「生きる」ことが役に立たないことはない。この地震後の停電・断水などライフラインの一時断絶、食料や燃料の供給不足など全員が不安を抱えていることでしょう。それでも、必ず日本は立ち直ります。
皆様、心の力を強くし、前向きに、希望を持って生き抜きましょう!

情報発信

歯科や日々のことについて、情報発信しています。

INFORMATION

佐藤院長のリーダーズ・オピニオン

佐藤院長の
リーダーズ・オピニオン

院長:佐藤 暢也の考えていることのブログです。

ブログへ移動する
Y.Iwanami&Dr'sブログ

Y.Iwanami
&Dr'sブログ

副院長:岩波 洋一の診療に関するブログです。

ブログへ移動する
スタッフのふれあい日誌

スタッフの
ふれあい日誌

スタッフの日常を発信いたします。

ブログへ移動する
デジタル版未来健康通信

デジタル版
未来健康通信

皆様の健康に役立つ情報を配信いたします。

ブログへ移動する
港町歯科クリニックFacebookページはこちら 顕微鏡歯内療法研究会Facebookページはこちら
インプラント・根管治療のガイドブックを無料贈呈中です。

インプラントと根管治療のガイドブックを
無料贈呈中です。

真剣に自分の歯について悩んでいる方のよい指針となるよう、2冊の解説書を執筆いたしました。

実際にやってよかったと思える治療を選択できるよう無料贈呈しております。

ご自身の選択のためにぜひお読みください。

ガイドブックのお申し込みはこちらから

納得できる治療をご提案いたします

秋田市 歯医者 - 港町歯科クリニック - 土崎駅近く

〒011-0946 秋田市土崎港中央3-5-40

土崎郵便局向かい・国道7号線のすぐ近く
駐車場20台可

ご予約・歯の健康相談・資料請求はこちら

018-857-1040