時は矢のように過ぎ去ってしまうから!

秋田県は、本州の北、日本海側に面している。県内陸の郷里の町は、平成の大合併で横手市となりました。
父亡き後、家族は皆実家を離れてしまい、今では、思い出の地として存在するだけとなってしまいました。

◆ 思い出の写真
小学生低学年の頃の出来事でした。男子は私一人で、女の娘数人と遊んでいる無邪気で優雅な(?)白黒写真が出てきました。(その構図は、歯科医院では今も同じかも知れません。)
当時、お気に入りの一人の女の娘のことを、クラスの授業時間で花壇の手入れの時に、少なからず意識していたことを覚えています。きれいなお嬢さんでした。その人は、中学入学とともに町から離れ、別の学校に行ってしまいました。田舎の町にあっては、それはそれは驚きでした。
それから長い間会ったことはありません。田舎では、成人式も厄年の33歳、42歳も、中学の同期生の集まりになっています。だから、特段会うための理由がなく、互いに県内にいることがわかっていても、ちらっとさえ見ることもなかったのでした。かといって、たまに顔を合わせる同期生だからといっても、区切りの齢(よわい)での集まり以外、お互い連絡を取ることもなく、会って話すこともありません。(この次の集まりは還暦でしょう。)
それでも、その人とは、いつかどこかでちょこっと出会うことができるんじゃないかと、漠然とした思いを持ち続けていました。

◆ 再会
その人と40年ぶりの再会を果たしました。なぜなら、私の母とその娘の母とが今でも交流があり、その縁でした。
私は、その人の実家を訪ね、写真の前で、そっと手を合わせました。
遺影は私の知らない時を刻み、母親となった彼女がいました。どうして一度だけでも生前に会えなかったのだろうか?
きっと会っていても、たいした話もしなかったろうけど…。

◆ できるだけ後悔をしない
良い言葉を思ったなら、声をかけよう。どうしても会っておきたいと思ったら、会えるようになんとかしよう。
でも、そんなことを思い立ってやってみると、相手に、あっけなく、「どういう風のふきまわし?」とか、「どうした、なにかあった?」とか言われるのがオチであることは、皆さん経験済みでしょう。
それでいいんじゃないかと思うのです。3.11のような大震災のような事態だってあるのですから。
だから、今このとき、元気な時に、できることはやっておいた(老いた?)方がいいと思うわけです。

◆ 行方不明?
私は、今でも大学浪人時代の一人の大阪の友人を思い出しては、ウェブの情報を頼りに探すことがあります。さすがに、探偵に捜索を依頼するまでには至っておりません(笑)。
きっと彼は私のことを忘れているのだろうと思います。
彼の友人までは辿り着いたのですが、その友人も彼の行方を知らないのでした。
あの頃は、ピンクレディ絶頂期だったなあと思いながら。

あの大震災の後、まだまだ予断を許さない状況が続いております。
さまざまな仲間(小中高大・社会人・業界人の仲間たち、スタッフと港町歯科クリニックに来院される皆様)と共に、この時を大事にして生きていこうと、しみじみと思うこの頃でした。

情報発信

歯科や日々のことについて、情報発信しています。

INFORMATION

佐藤院長のリーダーズ・オピニオン

佐藤院長の
リーダーズ・オピニオン

院長:佐藤 暢也の考えていることのブログです。

ブログへ移動する
Y.Iwanami&Dr'sブログ

Y.Iwanami
&Dr'sブログ

副院長:岩波 洋一の診療に関するブログです。

ブログへ移動する
スタッフのふれあい日誌

スタッフの
ふれあい日誌

スタッフの日常を発信いたします。

ブログへ移動する
デジタル版未来健康通信

デジタル版
未来健康通信

皆様の健康に役立つ情報を配信いたします。

ブログへ移動する
港町歯科クリニックFacebookページはこちら 顕微鏡歯内療法研究会Facebookページはこちら
インプラント・根管治療のガイドブックを無料贈呈中です。

インプラントと根管治療のガイドブックを
無料贈呈中です。

真剣に自分の歯について悩んでいる方のよい指針となるよう、2冊の解説書を執筆いたしました。

実際にやってよかったと思える治療を選択できるよう無料贈呈しております。

ご自身の選択のためにぜひお読みください。

ガイドブックのお申し込みはこちらから

納得できる治療をご提案いたします

秋田市 歯医者 - 港町歯科クリニック - 土崎駅近く

〒011-0946 秋田市土崎港中央3-5-40

土崎郵便局向かい・国道7号線のすぐ近く
駐車場20台可

ご予約・歯の健康相談・資料請求はこちら

018-857-1040