クリアな視界はどうなった?

私「○○さん、本日のクリーニングは終わりました。お口の中の状態は快調ですよ、良かったですね。何か気になることがありますか。」
○○さん「そうですね〜。先生、レーシックやったということでしたが、どうでしたか?私もやりたいと思っているんですよ。」
私「…おや、そうですか?」

以前、近視矯正手術を受けたことをコラムに書きました。私は皆様の歯の気づかいをしているですが、多数の方が私のレーシック手術の顛末(?)に興味を持っていただいているようでした(笑)。
いろいろなご質問をいただきました。どうでしたか、痛くなかったですか、怖くなかったですか、失明することはないのですか、本当にメガネしなくていいのですか、などなど。
時折、「眼科の医師」のように長々と解説をすることがあります。今回は、この場でしばしば聞かれる質問に、まったく専門外の立場から、とんちんかんに一挙にお答えしてみようと思います。

Q1失明することはないのですか?
A1医療で100%絶対問題が生じないとはいえないでしょうが、まずあり得ないようです。
Q2痛くないですか、怖くないですか?
A2ほとんど痛くなく、あまり深く考えていなかったので怖くなかったですが、うわさ通り処置中に一瞬真っ暗になります。
Q3メガネをかけなくて良くなるのですね?
A3日常生活で近視のメガネは、必要ありません。近くを見るために老眼(老視)のメガネが必要です。歯科の診療では、ルーペや顕微鏡を使うことが老眼鏡を使っているようなものです。
Q4本当に視力が良くなったのですか?
A4左右0.09↓0.9〜1.5(計測時によって異なる数値となる)となったようです。ただし、少し暗いところでは、見づらい感じがします。また、学会などで照明を落としてのプレゼンテーション画面を見るときは、もっとシャープに見えるようにメガネを用意しようと思っています。
Q5簡単にできたのですか?
A5検査に1日かかって、手術で1日、次の日術直後検診、1週間後検診、3ヵ月後検診がありました。東京の学会や勉強会の日程に合わせて都合をつけて、時間をやりくりして行いました。
現状は、術前に思っていたイメージに近い感覚で生活できています。想定外だったのは、何より老眼問題です。こんなに近くのものや文字が見えないとは思っていませんでした。とはいえ、人間の身体に手をかけるとなると、本人の思い通りにならないこともあるわけですから、十分な許容範囲です。後は微調整のためにメガネのお世話になりますか!…アレ、どうしてレーシックやったんだっけ?

情報発信

歯科や日々のことについて、情報発信しています。

INFORMATION

佐藤院長のリーダーズ・オピニオン

佐藤院長の
リーダーズ・オピニオン

院長:佐藤 暢也の考えていることのブログです。

ブログへ移動する
Y.Iwanami&Dr'sブログ

Y.Iwanami
&Dr'sブログ

副院長:岩波 洋一の診療に関するブログです。

ブログへ移動する
スタッフのふれあい日誌

スタッフの
ふれあい日誌

スタッフの日常を発信いたします。

ブログへ移動する
港町歯科クリニックFacebookページはこちら 顕微鏡歯内療法研究会Facebookページはこちら
インプラント・根管治療のガイドブックを無料贈呈中です。

インプラントと根管治療のガイドブックを
無料贈呈中です。

真剣に自分の歯について悩んでいる方のよい指針となるよう、2冊の解説書を執筆いたしました。

実際にやってよかったと思える治療を選択できるよう無料贈呈しております。

ご自身の選択のためにぜひお読みください。

ガイドブックのお申し込みはこちらから

納得できる治療をご提案いたします

秋田市 歯医者 - 港町歯科クリニック - 土崎駅近く

〒011-0946 秋田市土崎港中央3-5-40

土崎郵便局向かい・国道7号線のすぐ近く
駐車場20台可

ご予約・歯の健康相談・資料請求はこちら

018-857-1040