2016年 真冬の快進撃!

年初の雪不足も、時折ドッカンと降った雪のおかげで、スキー場もホッとして、胸をなで下ろしたことでしょう。おかげさまで、たざわ湖スキー場は、上等なコンディションとなりました。
2月の末には、ワールドカップモーグル大会の開催があり、世界中からその道の強豪が集結して、技を競い合います。

わが家では、娘が秋田県スキー技術選手権大会を制覇し、3月は、全日本大会(*)です。どうなることやら。

*解説
全日本スキー技術選手権大会とは、全日本スキー連盟(SAJ)が運営する、スキーの総合技術を競う大会である。技術選と略称される。
参加資格は1級以上で、各都道府県予選を突破した選手がスキー技術、巧さを競う。
中斜面の一枚バーンから、 うねりを含む複合斜面、さらにはコブ斜面など、ゲレンデのあらゆるフィールドを戦いの場とする。
雪面コンディションも、アイスバーンと見まごうようなハードパックから、不整地(コブ斜面)で行うものなど、 われわれ一般スキーヤーが普段滑走している状況に近いシチュエーションで競技が行われるのも特徴である。
いわば、ゲレンデスキーヤーの頂点を決める大会である。
タイムそのものを競う競技ではないが、ターンの質とスピードには密接に関わるため、ほとんどの種目は驚異的な滑走スピードで繰り広げられる。 種目によっては極めて難度の高い斜面が設定されるため、選手にとっては恐怖心との戦いでもある。
競技種目および斜面設定については大回り、小回り、フリーの3種を、急斜面、総合斜面、不整地の3タイプで組合せて実施される。その技能を種目ごとに審査員がジャッジし、すべての種目の獲得点の合計が高い者が勝利する。

世界のスキー大会を見渡すと、日本人の活躍が嬉しい。
ノルディック種目ワールドカップでは、渡部暁斗選手が今季6度の2位。
ジャンプ男子の葛西紀明選手は、ノルウェーの大会で1回目10 位から、2回目にジャンプ台記録に並ぶ最長不倒の143メートルで順位を上げ3位で最年長表彰台記録(43歳8カ月)を更新。
そして、ジャンプ女子、われらが高梨沙羅ちゃん(選手)は、なんと12 戦中11戦に優勝し、10 連勝中という破竹の快進撃。あんまり強くてライバルたちは白旗を振っているとか。まだ19 歳ですよ!
もっともっと…将来が楽しみです。

さて、徐々に早春の日差しがまぶしくなってきました。なかなか外に出られずに隠(こも)っていた皆様も、どうぞ久々にお口のクリーニングにお越しください。

情報発信

歯科や日々のことについて、情報発信しています。

INFORMATION

佐藤院長のリーダーズ・オピニオン

佐藤院長の
リーダーズ・オピニオン

院長:佐藤 暢也の考えていることのブログです。

ブログへ移動する
Y.Iwanami&Dr'sブログ

Y.Iwanami
&Dr'sブログ

副院長:岩波 洋一の診療に関するブログです。

ブログへ移動する
スタッフのふれあい日誌

スタッフの
ふれあい日誌

スタッフの日常を発信いたします。

ブログへ移動する
港町歯科クリニックFacebookページはこちら 顕微鏡歯内療法研究会Facebookページはこちら
インプラント・根管治療のガイドブックを無料贈呈中です。

インプラントと根管治療のガイドブックを
無料贈呈中です。

真剣に自分の歯について悩んでいる方のよい指針となるよう、2冊の解説書を執筆いたしました。

実際にやってよかったと思える治療を選択できるよう無料贈呈しております。

ご自身の選択のためにぜひお読みください。

ガイドブックのお申し込みはこちらから

納得できる治療をご提案いたします

秋田市 歯医者 - 港町歯科クリニック - 土崎駅近く

〒011-0946 秋田市土崎港中央3-5-40

土崎郵便局向かい・国道7号線のすぐ近く
駐車場20台可

ご予約・歯の健康相談・資料請求はこちら

018-857-1040