「人気」をみて「沈黙」を思う

昨年のことになりますが、回を重ねて見ているうちに、すばらしいなあと感動したのは、PPAPです。
PPAP??
皆様は、すぐわかるのでしょうね。PIKOTARO(ピコ太郎)さんのペンパイナッポーアッポーペン(Pen-Pineapple-Apple-Pen Official)です。

ピコ太郎さんのプロフィールを調べてみると、1963年(昭和38年)7月17日生まれの53歳。千葉県出身のシンガーソングライターであり、78歳の妻がいる。血液型はA型。パンチパーマのかつらにヒョウ柄の服を着て、サングラスをかけた風貌。尊敬するシンガーは、スティービー・ワンダーやマライア・キャリー、石川さゆり、杏里など。
また、ジャスティン・ビーバーに恩を感じている。
 ある日、テレビを観ていると、白ぶちのメガネをかけた芸人に気づきました。
その人の名は、古坂大魔王(こさかだいまおう)。どうやら、この人が変身するとピコ太郎さんになるのですね。

私がこのPPAPに着目したのには、わけがあります。
そのひとつは、なぜ、突如「人気」が出たのか?
流行らなかった頃=「沈黙」の時期は、何をやっていたのか?どのように力を蓄えていたのか?という疑問でした。
 彼は、1992年にお笑い芸人としてデビュー。
しかし、さしたる成果が出ず、2003年には芸人活動終了。音楽中心の活動に切り替えたものの今ひとつの状況だったようですが、2008年からは、音楽活動のかたわら、お笑い芸人としても本格的に活動を再開していたのです。
 PPAPは、芸歴24年目にして、お笑いと音楽の二つを地道に努力した結果、人気が爆発したといえるでしょう。

遅咲きで才能を開花させた人々には、必ずサイレントの時間、すなわち、「沈黙」の期間があります。それは、静かに力を蓄えつつ、じっと伏(ふ)している状態と考えられます。
私は、「伏すこと久しきは、飛ぶこと必ず高し」(菜根譚)という言葉が好きですが、まさにピコ太郎さんが実現しているように思うのです。

ところで、わがクリニックにも、ピコ(Pico)さんが二つあるのをご存じですか?
もう少しすると、ピコさんがもう二つ増えます。うちのピコさんも、これを機に、大活躍して欲しいものです。(Pico:ZEISS歯科用顕微鏡の商品名)

情報発信

歯科や日々のことについて、情報発信しています。

INFORMATION

佐藤院長のリーダーズ・オピニオン

佐藤院長の
リーダーズ・オピニオン

院長:佐藤 暢也の考えていることのブログです。

ブログへ移動する
Y.Iwanami&Dr'sブログ

Y.Iwanami
&Dr'sブログ

副院長:岩波 洋一の診療に関するブログです。

ブログへ移動する
スタッフのふれあい日誌

スタッフの
ふれあい日誌

スタッフの日常を発信いたします。

ブログへ移動する
デジタル版未来健康通信

デジタル版
未来健康通信

皆様の健康に役立つ情報を配信いたします。

ブログへ移動する
港町歯科クリニックFacebookページはこちら 顕微鏡歯内療法研究会Facebookページはこちら
インプラント・根管治療のガイドブックを無料贈呈中です。

インプラントと根管治療のガイドブックを
無料贈呈中です。

真剣に自分の歯について悩んでいる方のよい指針となるよう、2冊の解説書を執筆いたしました。

実際にやってよかったと思える治療を選択できるよう無料贈呈しております。

ご自身の選択のためにぜひお読みください。

ガイドブックのお申し込みはこちらから

納得できる治療をご提案いたします

秋田市 歯医者 - 港町歯科クリニック - 土崎駅近く

〒011-0946 秋田市土崎港中央3-5-40

土崎郵便局向かい・国道7号線のすぐ近く
駐車場20台可

ご予約・歯の健康相談・資料請求はこちら

018-857-1040