日本の歯科医師ってどうなるの?

 新年度を迎えて、1カ月となりました。皆様お元気でお過ごしのことと思います。
当クリニックでも、新卒の若手スタッフを迎えて、新体制となりました。歯科の場合、歯科医師の他に、歯科衛生士、歯科技工士と国家資格の職業があります。

 さて、ここで問題です。
日本に歯学部・歯科大学は、全部でいくつあるでしょうか?

 1960年は、7校しかありませんでした。折しも、団塊の世代が子どものころだったでしょうか、虫歯が多発し、歯科医師不足が顕著となり、国が主導して、歯学部の新設を推進し、1965年までに6校が新たに創られました。
その後も、ほぼ無計画的で、節操もなく、歯学部がどんどん新設され、1980年台前半までに16 校が創られたのです。さすがに、その頃になると国も、歯科医師が増えすぎることに気づき新設ラッシュは、終止符を打ったのです。
 つまり、わが国の歯学部数の正解は、29校です。

 最近は、歯科医師過剰問題といわれるようになり、
・歯科医師が多すぎて、受診患者数の減少
・医科に比べて、著しい保険点数の引き下げ=歯科たたき
・全国的に歯科医院間での競争が激化
 それに伴って経営状態が年々悪化さらには、廃業(倒産)せざるを得ない歯科医院も増え、特に東京都内では1日1軒のペースで廃院に至っているとか。
 「こんな国家的な詐欺のような事態を招いた責任者は誰だ?!」と声をあげる人もいますが、国は、このような歴史的な大失敗があっても、誰も責任をとってくれません。
 また、創ってしまった歯学部を簡単に潰すわけにも行かず、国公立大学の定員削減をいくらかはやっているものの、あまり効果はなく、現在は、国家試験の合格率を下げて、新規の歯科医師を減らすという作戦のもよう。
 歯科医師国家試験合格者数の手元資料を見ると、2001年(平成13年)合格者3,125人、合格率90・7%でしたが、今年は、3,049人も受験したのに、合格者は1,983人、合格率は、65・0%と大幅に下げて、ざっと1,000人(毎年)の歯科医師を減らすことに成功したのです。
 ちなみに、6年間(か、それ以上)のお勉強をしても、国家試験に受からず約1,000人が浪人となってしまうという結末です。わが国の歯科医師の将来は、どうなるのやら…。

 さて、いよいよ緑が鮮やかな木々の美しい時季となります。診療やお口のクリーニングに来院されるには、絶好の頃合いです。
 当クリニックも、皆様のご健康を守るために研鑽を重ね、ご来院をお待ちしております。

情報発信

歯科や日々のことについて、情報発信しています。

INFORMATION

佐藤院長のリーダーズ・オピニオン

佐藤院長の
リーダーズ・オピニオン

院長:佐藤 暢也の考えていることのブログです。

ブログへ移動する
Y.Iwanami&Dr'sブログ

Y.Iwanami
&Dr'sブログ

副院長:岩波 洋一の診療に関するブログです。

ブログへ移動する
スタッフのふれあい日誌

スタッフの
ふれあい日誌

スタッフの日常を発信いたします。

ブログへ移動する
デジタル版未来健康通信

デジタル版
未来健康通信

皆様の健康に役立つ情報を配信いたします。

ブログへ移動する
港町歯科クリニックFacebookページはこちら 顕微鏡歯内療法研究会Facebookページはこちら
インプラント・根管治療のガイドブックを無料贈呈中です。

インプラントと根管治療のガイドブックを
無料贈呈中です。

真剣に自分の歯について悩んでいる方のよい指針となるよう、2冊の解説書を執筆いたしました。

実際にやってよかったと思える治療を選択できるよう無料贈呈しております。

ご自身の選択のためにぜひお読みください。

ガイドブックのお申し込みはこちらから

納得できる治療をご提案いたします

秋田市 歯医者 - 港町歯科クリニック - 土崎駅近く

〒011-0946 秋田市土崎港中央3-5-40

土崎郵便局向かい・国道7号線のすぐ近く
駐車場20台可

ご予約・歯の健康相談・資料請求はこちら

018-857-1040