あの横長の「エックス線写真」ってなに?

最近のスマホの写真撮影機能には、写真や動画等の他に「パノラマ撮影」というのがありますね。
スマホを連続的に動かしながら撮影すると、継ぎ目のわからない横に長〜い写真が合成されて出来るわけです。
このような写真は、私たち歯科界では、昭和40年代からエックス線撮影に応用されています。
確かに、ウチの父の診療室にも、私が小さい頃からありました。
当クリニックでも、1988年の開業当初から機械を導入し、積極的に活用しております。
今回は、そのパノラマエックス線写真(以下、パノラマ)について、読者の皆様に解説いたします。
参考にした資料は、主に日本歯科医師会のウェブサイトの、「歯と口のことなら何でもわかるテーマパーク8020」( www.jda.or.jp/park/index.html)になります。
歯科では、一般的に、顎全体を写すものとしては、横長の大きなパノラマフィルム、小さな(3㎝×4㎝程度の)歯科用フィルムが多用されます。
そのうち、パノラマ(写真1)は魚拓のようなもので、顎の端から端までの、歯と顎の骨の情報を写し取り、15㎝(高さ)×30㎝(幅)のフィルムに収めるのです。そのパノラマで、私たちは上あご(上顎/じょうがく)と下あご(下顎/かがく)の骨、そして全部の歯を観察します。
歯については、位置、萌出(生えること)方向、生えている部分(歯冠)の形態、骨の中の部分(歯根)の形態、歯根の周囲の骨などを見ます。
定期的にお口の中の歯石除去や歯周治療で来院された方には、以前の撮影から、おおよそ1年以上が経っていれば、このパノラマ撮影をいたします。
例えると、皆様が年一回のお身体の健診の際に、胸部エックス線写真を撮ることで、胸部におかしな陰影像がないか?
肺がんやその他の病気の徴候がないか?ということを医師がチェックするように、歯科のパノラマ撮影により、上あごと下あごの骨の中や、周囲に正常と異なる陰影像(腫瘍やガンなど、悪い病気ということもある!)が無いのかを点検しているのです。
そういう点からも、一年に一回はパノラマを撮っておくのが、病気の早期発見にとって重要であると言えるのです。
中には年一回の撮影でも「何でこんなに(パノラマ)エックス線写真を撮るんですか?」とおっしゃる方もいますが、実は、あなたの命と健康を守るために必要な検査なのです。
さて、この冬は豪雪となっています。
雪が降れば、私たちは、早朝から敷地内の雪かきをし、アプローチを整備してお待ちしております。
ぜひ、お口の健康を守るために定期的なクリーニングにお越しください。

情報発信

歯科や日々のことについて、情報発信しています。

INFORMATION

佐藤院長のリーダーズ・オピニオン

佐藤院長の
リーダーズ・オピニオン

院長:佐藤 暢也の考えていることのブログです。

ブログへ移動する
Y.Iwanami&Dr'sブログ

Y.Iwanami
&Dr'sブログ

副院長:岩波 洋一の診療に関するブログです。

ブログへ移動する
スタッフのふれあい日誌

スタッフの
ふれあい日誌

港町歯科スタッフの日常を発信いたします。

ブログへ移動する
港町歯科クリニックFacebookページはこちら 顕微鏡歯内療法研究会Facebookページはこちら
インプラント・根管治療のガイドブック

院長執筆書籍のご紹介
「インプラントと根管治療のガイドブック」

真剣に自分の歯について悩んでいる方のよい指針となるよう、2冊の解説書を執筆いたしました。

実際にやってよかったと思える治療を選択できるような考え方が記載されております。

ご自身の選択のためにぜひお読みください。

希望者はこちらから

納得できる治療をご提案いたします

秋田市 歯医者 - 港町歯科クリニック - 土崎駅近く

〒011-0946 秋田市土崎港中央3-5-40

土崎郵便局向かい・国道7号線のすぐ近く
駐車場20台可

ご予約・歯の健康相談・資料請求はこちら

018-857-1040