入れ歯

入れ歯には様々な種類があります。当院では、患者様のお口の状況やライフスタイルにあわせた入れ歯をご提案いたします。

下記では、入れ歯の特徴や実際の治療例を紹介いたします。

入れ歯のタイプ

クラスプタイプ(取り外し式)

クラスプタイプ(取り外し式)

入れ歯には、部分床義歯と全部床義歯があります。
部分入れ歯の構造は、歯のなくなった粘膜部分をおおうピンク色の床とその上に人工歯、そして残っている歯をつかむ金属のクラスプが基本的なパーツです。

コーヌス クローネタイプ(取り外し式)

コーヌス クローネタイプ(取り外し式)

入れ歯を支える歯の上から歯ぐきのあたりまで、金属冠をすっぽりとかぶせ、その上に茶筒のふたのように外側の冠を連結した入れ歯をピタッとはめこみます。 クサビを打ち込んだような形になり、入れ歯が抜群に安定します。

美観が良く、入れ歯の中では、群を抜いて物が咬め、使用感も良く、残っている歯を長持ちさせることができます。

マグネット(磁石)タイプ(取り外し式)

マグネット(磁石)タイプ(取り外し式)

1990年代から新素材として磁石が入れ歯に応用できるようになりました。
残っている歯に、米粒程度の金属板を埋め込み、入れ歯に強力な磁石を取り付けます。
使っている方の評判が非常に良いです。

美観が良く、入れ歯の中では、群を抜いて物が咬め、使用感も良く、残っている歯を長持ちさせることができます。

インプラント(埋め込み式)

インプラント(埋め込み式)

顎の骨に埋め込む人工歯根。インプラントを入れて固定式のかぶせ物(クラウンやブリッジ)をすることで、残っている歯の負担が少なくなるばかりでなく、まわりの歯周組織が強固になり、より長く残すことができるようになります。
もちろん、全部の歯がなくなった場合でもできます。

詳しくはこちら

コーヌスタイプの治療例

パターン1(上下顎両側遊離端欠損)

上下顎両側遊離端欠損
上顎
上顎
下顎
下顎
コーヌス土台

治療前

歯ぐきの腫れ、痛みを主訴に当院に来院されました。また、使用中の入れ歯に関しても、より長持ちのする治療法を希望され、上下にコーヌスデンチャーを作製することになりました。治療にあたっては、左上の2番目の前歯、6番目の奥歯は状態が悪く、残念ながら抜歯になりました。

治療後

上下ともに、残存している歯は全て土台として利用しました。以前の入れ歯では少しつぶれていた咬み合せも修正し、高さを上げています。黄ばんでいた前歯が白くなったことと相まって、若く見えるようになってうれしいと喜んでいただきました。入れ歯がぴしっと隙間なくおさまっていることも満足していただいています。

パターン2(下顎両側遊離端欠損)

下顎両側遊離端欠損
下顎
下顎
コーヌス土台

治療前

他院にて作製した入れ歯が痛くて使えないという主訴で来院されました。入れ歯は上下ともに一般的なバネがかかる設計でした。 相談の結果、上顎は磁石のついた総義歯タイプを作製しました。下顎は当初、以前と同様のバネ式設計で新製していましたが、数年後にバネのかかる歯が揺すられて痛みがでてきたこともあり、コーヌスタイプの義歯を作製することになりました。

治療後

上顎総義歯は、形態および歯並びを以前のものと大きく変えています。人工歯の大きさや、口元から自然な歯が見えるように相談を重ねました。 コーヌスデンチャーも歯ぐきとすごくピッタリ合っていて、かみ合わせも問題ないとおっしゃっていただきました。歯並びも気に入っていただき、一安心です。

この症例の場合、下顎に残存している歯は前歯部のみの状態でした。本来は奥歯にかかる大きな力を、歯ぐきと残存歯で受け止めるためには、前歯全てを土台として利用する必要がありました。そのため、残存歯の削る量は増えてしまいました。この点がコーヌスデンチャー最大の欠点です。 失った歯を補う治療法にはそれぞれ利点・欠点があるため、治療法の選択にあたっては相談する時間を十分にお取りしています。皆さんのご要望をお知らせください。

パターン3(片側臼歯部遊離端欠損)

片側臼歯部遊離端欠損
下顎
下顎
コーヌス土台

治療前

右下の奥歯2本分の欠損部をつなぐブリッジが入っていましたが、後方の土台となる奥歯が大きな虫歯となってしまい保存不可能な状態でした。

入れ歯の設計は2本の歯と歯ぐきで支える形としました。土台として利用するため、手前の健康な糸切歯を削る必要があったため、インプラント治療と迷われていましたが、コーヌスデンチャーによる治療を選択されました。

治療後

しっかりキレイに入って良かったと喜んでいただきました。完成までの間も同様な形で仮の入れ歯が入っていたため、取り外しも早期に慣れてもらうことができました。

パターン4(片側臼歯部遊離端欠損)

片側臼歯部遊離端欠損
下顎
下顎
コーヌス土台

治療前

左下にはブリッジが入っていましたが、傾斜している後方の土台周囲の歯茎が腫れたり膿が出たりを繰り返しており、抜歯することになりました。

抜歯後は、歯のないスペースが2本分できてしまいます。相談の結果、バネのない入れ歯を希望され、コーヌスデンチャーを作製しました。

治療後

作製にあたって、土台となる1本の歯は歯根の治療が必要でした。
このような設計の入れ歯では、保険の入れ歯で多くみられるような、金属のバネが目立ってしまうということは一切ありません。バネがないことは見た目だけでなく、舌触りも良いというメリットもあります。

今ではまったく気にせず食事を楽しんでいるとおっしゃっていただいています。

パターン5(両側臼歯部遊離端欠損)

両側臼歯部遊離端欠損
上顎
上顎
下顎
下顎
コーヌス土台

治療前

下の入れ歯は10年近く、上の入れ歯は2年ほど使用されていましたが、バネのかかる歯が次第に弱くなり、動揺も大きく、常に違和感を感じるということを気にされていました。痛みも強まってきたことから、状態の厳しい右下の2本と左上1本の抜歯を機会にコーヌスデンチャーを提案しました。

治療後

左右の奥歯欠損の状態に対して、上下それぞれにコーヌスデンチャーを作製しました。 小臼歯2本ずつを土台としています。このような欠損状態の場合、左右の入れ歯を別々に分ける設計とする場合もあります。しかし、今回はかみ合わせの状態を考慮し、左右の入れ歯をつなぐことで、より安定させる設計としました。

前の入れ歯に比べ、しっかり咬めるようになったと満足していただいています。

パターン6(片側遊離端を含む中間欠損)

片側遊離端を含む中間欠損
上顎
上顎
下顎
下顎
コーヌス土台

治療前

他院で入れ歯を作製したものの、使えないということで来院されました。見た目が気になることや、咬めない、話しにくい、違和感がある、等の理由で使えなかったようです。

残っている歯も、歯周病が重度に進行している部位があり、残念ながら3本抜歯になりました。抜歯の後は、上下にコーヌスデンチャー治療を行うことになりました。

治療後

金属のバネがなくなったことで、こんなにきれいに入って幸せですとおっしゃっていただきました。口元を見せるのがうれしいと喜んでいただける声を聴くと、こちらも嬉しくなります。

その後も、継続してメインテナンスに来ていただいており、経過は順調です。

パターン7(片側性遊離端欠損)

片側性遊離端欠損
上顎
上顎
コーヌス土台

治療前

2、3年前に他院にて入れ歯を左下に作ったものの、カタつきと、違和感が気になり、ほとんど使用していない状態でした。そのため右側でばかり咬む習慣となっており、負担が大きくかかっていたことで、右側の歯周組織にも影響が出てきていました。 喪失した左下奥歯の機能を補う方法としては、コーヌスデンチャーを選択されました。 右下の奥歯は厳しい状態でしたが、虫歯と根の治療、歯ぐきの治療をし、被せ物を作りました。

治療後

取り外しに慣れてからは、痛みもなく、邪魔にもならず、自分の歯のように左右で食事ができるとおっしゃっていただいています。定期的にクリーニングしながら、右の奥歯も維持している状態です。

パターン8(多数歯中間欠損、両側遊離端欠損)

多数歯中間欠損、両側遊離端欠損
上顎
上顎

残っている歯に金属板を付け、その上に磁石付きの入れ歯がのります。入れ歯が外れにくいことと、根が残っているため、噛む感覚が残ることがメリットです。

残っている歯に金属板を付け、その上に磁石付きの入れ歯がのります
下顎
下顎
コーヌス土台

治療前

虫歯や、ぐらぐらする歯があるということで来院されました。診査の結果、入れ歯の土台となっていた歯が数本割れており、抜歯が必要な状態でした。骨の状態が薄いため、インプラント治療は困難であり、上下にコーヌスデンチャーを作製することになりました。上顎には磁石の装置を併用する設計です。

治療後

作製するにあたり、使用中の入れ歯は咬むと低く感じるということも主訴の一つであったため、奥歯の咬み合わせを挙上させました。
また、歯並びに関しても、納得いただけるまで何度か修正を加えました。
歯並びに関して歯科医学的な一定の基準はありますが、皆さんの理想とされる姿は様々です。見た目の印象に与える影響が大きいため、全ての治療において歯並びは大事なポイントとして気を使っています。

上顎の設計は安定のため、金属のバーを用いて左右をつなげることが多いのですが、希望により馬蹄型としました。ただし、強度を持たせるためにしっかりとした補強は行いました。
また、上顎の前歯はあまり状態が良くなく、コーヌスデンチャーの土台とするには不十分でしたが、入れ歯に磁石を併用した設計をすることで、抜歯をせずに済みました。

完成後は、よく咬めるようになり、サラダなどもしっかりかみ切れるようになったそうです。そして、歯並びに関しても、色・形ともにとてもいいと喜んでいただきました。現在は定期検診にて、経過は順調です。

情報発信

歯科や日々のことについて、情報発信しています。

INFORMATION

佐藤院長のリーダーズ・オピニオン

佐藤院長の
リーダーズ・オピニオン

院長:佐藤 暢也の考えていることのブログです。

ブログへ移動する
Y.Iwanami&Dr'sブログ

Y.Iwanami
&Dr'sブログ

副院長:岩波 洋一の診療に関するブログです。

ブログへ移動する
スタッフのふれあい日誌

スタッフの
ふれあい日誌

スタッフの日常を発信いたします。

ブログへ移動する
デジタル版未来健康通信

デジタル版
未来健康通信

皆様の健康に役立つ情報を配信いたします。

ブログへ移動する
港町歯科クリニックFacebookページはこちら 顕微鏡歯内療法研究会Facebookページはこちら
インプラント・根管治療のガイドブックを無料贈呈中です。

インプラントと根管治療のガイドブックを
無料贈呈中です。

真剣に自分の歯について悩んでいる方のよい指針となるよう、2冊の解説書を執筆いたしました。

実際にやってよかったと思える治療を選択できるよう無料贈呈しております。

ご自身の選択のためにぜひお読みください。

ガイドブックのお申し込みはこちらから

納得できる治療をご提案いたします

秋田市 歯医者 - 港町歯科クリニック - 土崎駅近く

〒011-0946 秋田市土崎港中央3-5-40

土崎郵便局向かい・国道7号線のすぐ近く
駐車場20台可

ご予約・歯の健康相談・資料請求はこちら

018-857-1040