港町歯科クリニックロゴ

日本歯内療法専門医診療室

アクセス 医院へ電話
お悩みの患者さんアイコン

「抜歯をしなくてはいけない」
と言われてしまった、
「根管治療をしたのに再発してしまった」
とお悩みのあなたへ。

根管治療3つのポイント

治療開始は早いほど良い

POINT
01

治療開始は早いほど良い

初めて神経を取るタイミングで、専門医の治療を開始することが再発を防ぎます。

詳しくはこちら
治療の難易度が高い

POINT
02

治療の難易度が高い

難易度が高い治療のため、一般的な治療では再発してしまうケースが多くみられます。

詳しくはこちら
繰り返しは歯の喪失に繋がる

POINT
03

繰り返しは歯の喪失に繋がる

根管治療を行う回数が増えるほど、抜歯せざるを得ない状況に近づいていきます。

詳しくはこちら
矢印
歯科医院イラスト

だからこそ、根管治療は
特に慎重な医院選びが大切です。

私たちは、患者さまの歯の状態に応じて歯を喪失しないよう
最善を尽くし、世界標準の治療を実践しています。

4つの理由

港町歯科クリニックが選ばれる

4つの理由

根管治療の専門医・指導医である佐藤 暢也を中心としたチーム

01
選ばれる理由

根管治療の専門医・指導医である
佐藤 暢也を中心としたチーム

選ばれる理由:1

日本歯内療法学会専門医・指導医とは?

日本歯内療法学会専門医・指導医とは?
指導医は全国でわずか約49人。
根管治療の技術・専門知識の指導を行う役割を担います。

院長の佐藤暢也は根管治療の知識、技術の研鑽を行う学術団体の日本歯内療法学会において、指導医に認定されています。

指導根管治療の技術指導や講演を行うなど、後進の指導にも力を入れています。

詳しくはこちら

当院は「日本歯内療法学会認定研修施設」です

当院は北東北唯一の「日本歯内療法学会認定研修施設」です
港町歯科クリニックは、
根管治療の専門医を育成している
施設でもあります。
※北東北では東北では奥羽大学と当院のみ

当クリニックは、歯内療法を志す若手歯科医師の教育医療機関としての役割もあります。また、県内外の先生に最新の歯内療法をはじめとした情報を学会や研修会を通じて提供しています。

詳しくはこちら
痛くないペインフリーな根管治療

02
選ばれる理由

痛くない
ペインフリーな根管治療

選ばれる理由:2
痛くないペインフリーな根管治療

治療中も、治療後もできるだけ痛みの少ない治療を。

治療中も、治療後もできるだけ痛みの少ない治療を。
毎日の辛い痛みを無痛治療で解消に導きます

痛みのない治療を目指しております。

痛い治療に抵抗がある方もできるだけ負担の少ない治療を追求しています。

徹底した滅菌体制で根管治療の成功率を向上させ続けています

03
選ばれる理由

徹底した滅菌体制
根管治療の成功率を向上させ続けています

選ばれる理由:3

ラバーダムにより、唾液などからの感染を防ぎます。

ラバーダムにより、唾液などからの感染を防ぎます。
ラバーダムをしっかりと行う医院は少数派です

治療部位を無菌状態にし、疾患の再発防止に欠かせないラバーダムですが、しっかりと実施している医院はまだまだ少数派な状況です。

当院では、ラバーダムの装着を徹底して行い、根管治療に臨んでいます。

オートクレーブで治療機器を完全に滅菌します。

オートクレーブで治療機器を完全に滅菌します。
再発の少ない治療は、徹底した滅菌から始まります

根管治療のポイントは、菌のない清潔な状態で治療を行うことです。

オートクレーブという滅菌機器を用いて、一つひとつの治療器具を丁寧に滅菌しています。

最先端の治療機器「根管治療三種の神器」を完備しています。

04
選ばれる理由

最先端の治療機器
「根管治療三種の神器」
完備しています。

選ばれる理由:4
最先端の治療機器「根管治療三種の神器」を完備しています。

カールツァイスのマイクロスコープを5台設置しています。

カールツァイスのマイクロスコープを5台設置しています。
カールツァイスは”肉眼では見えないものを見えるように”します

光学機器の世界的なメーカーであるカールツァイスのマイクロスコープを完備しています。

他の機器では実現できない性能と操作性で、導入後の根管治療の精度が著しく向上しました。

ニッケルチタン製のファイルで精密な治療を

ニッケルチタン製のファイルで精密な治療を
特殊治療器具で細かな根管の治療を可能に

当院が使用するファイル(根管の細菌を取るための針のような器具)は欧米で高く評価されています。

これらの器具を使うことで、より良好な根管治療の成果をあげることが報告されています。

歯科用CTで正確な診断を行います。

歯科用CTで正確な診断を行います。
歯科用CTで根管の状態を把握することが安全な治療の第一歩

歯科用CTも治療の成功に必要不可欠な治療機器です。

3Dで立体的な画像を得られるため、これまでは見ることができなかった部分も確認することができ、より治療の精度が高まりました。

ご自身の歯を残しながら辛い痛みの解消を目指します

当治療室は、上記の4つのポイントを満たし、
欧米の専門医が実践する世界標準の根管治療を実践し、
つらい痛みの解消をし、ご自身の歯を守ることを目指しております。

クリップ
マイクロスコープ

根管治療したのに、まだ痛みがとれない。
そんな難治症例でも、私たちは諦めません。
歯根端切除手術で、
抜歯をしない解決を目指します。

当院の逆根管治療(外科的根管治療)は、マイクロスコープを活用することで飛躍的に成功率を高めています。

歯根の治療と抜歯にいたるまで

根管治療に関する最新情報
Latest information

解説本:真剣に歯を残したい人のための根管治療

さらに詳しく知りたい方のために、
根管治療の解説本を無料で贈呈中です。

無料の根管治療解説本を申し込む